高校中退 その後の選択のTOPに戻る
「高校中退 その後の選択」トップ >  高校中退 現状の認識 > 高校中退 閉ざされる就職へのアクセス


高校中退 閉ざされる就職へのアクセス

高校中退と就職
仕事を見つけてから中退した人は、中退後の動きはスムースですね。
若いうちからひとつの仕事に打ち込むとその道のプロフェッショナルになる可能性が高まります。
こうした仕事先は、高校時代にアルバイトをするなどして職場を知り、その仕事ぶりが評価されて既に雇用主との間に信頼関係が生まれている場合が多いですね。とてもスムースに仕事につくことができます。

そして、その仕事にずっと従事できればラッキーです。

近年は、ひとつの職場に働き続けることは、いろいろな理由から難しいという状況にあります。

中退した時にもいろいろな理由がありましたが、就職先でも継続できない理由が発生する可能性があります。
高校と大きく違う点は、勤務先の倒産というように自分の意志ではどうにもならない理由で離職するケースもあります。
そして経済情勢の悪化はその可能性を大きいものにしています。

いずれの理由にしても、離職した場合には中途採用の就職戦線に参加することになります。

日本の就職事情
一部の輸出企業を除くと日本の景気が悪いですね。
企業が人を採用することに慎重になっています。
2010年3月に卒業した大学生の就職内定率が91.8%となり、就職氷河期といわれた平成8年と同程度の厳しい就職状況になりました。
この数字は卒業時点で就職を希望する学生に対する割合を示し、就職先が決まらずに留年を決めた推定8万人の学生は含まれていません。
実に2割の大学生が留年を選択したようです。そのほかにも専門学校や大学院への進学に切り替えた人もいますね。
2011年の就職内定率は更にポイントを落とし最低を記録。
2012年に卒業した学生の内定率は改善されましたが、就職留年した学生の数は考慮されないままです。

高校生の就職内定率は、2011年と2012年が大きく改善されたのですが、厳しい就職状況を背景に就職希望者が減り、大学等の進学率が上昇した影響が強く反映されてることを見逃してはいけないでしょう。

2011年の一般的な中途採用の有効求人倍率は0.68倍。
これは10人の就職希望者がいたら、企業の受入人数が7名ほどしかないということを表しています。
2013年6月の一般的な中途採用の有効求人倍率は0.92倍に改善されました。
昨年よりも一昨年よりも大分改善されました。
でも、この数字には非正規社員も含まれていますから、正社員の有効求人倍率に限定すると、有効求人倍率は0.52倍に下がります。正社員を希望する人数の半分ほどしか求人先がありません。
ここ数年の重苦しい雇用情勢の正体は、正社員になりたくてもなれずに非正規社員の道を選択せざるを得なかった人たちの増加にあるわけですから、実体はほとんど変わっていませんね。

正社員という視点からみると、就職状況が厳しい時代であることに疑う余地はありません。

学歴不問と中卒学歴
就職活動を開始する際、ハローワークや人材紹介会社を利用したり、求人誌の広告で求職活動を行います。
応募資格に学歴高卒以上、大卒以上、学歴不問の3種類の資格条件が目にとまります。
中卒以上とする求人広告は、まず目にすることはありません。

したがって、可能性があるのは学歴不問の条件を提示している企業に限定されます。

高校教育の義務教育化
確かに、学歴不問とする企業が多くなりました。
エリート大卒と3流大卒でも、学校による差別は少なくなりました。
学校名よりも仕事の成果を重視するようになったからです。

注意してほしいのは、こうした意味で学歴不問であっても、就職時の選抜の段階では、多くの企業は中卒学歴者の応募を想定していないということです。
高卒であることが普通の状態と認識しているのです。
いまや98%が高校に進学して、半ば高校教育は義務教育化しています。
高卒資格をもっているのが当然と考えても不自然ではありません。
高校中退者が増加しているとか、中退の理由がどうだとかいうのは人事担当者は関心がありません。

人事担当者が採用を決める場合は、他の応募者との相対比較です。
いまは一つの求人に多くの応募者が集まります。
書類選考でふるいにかけられ、面接までいくのは一部の応募者になります。
中卒学歴の場合、応募しても書類選考で落とされる可能性が高くなります。

中卒学歴は極めて不利な状況に置かれます。

閉ざされる就職へのアクセス
中卒学歴でも起業して成功した人ももちろんいます。
芸能人として成功した人もいます。
ただ、1億2000万人のなかのごく僅かな人たちです。
可能性について否定はしませんが、確立は低いといわざるをえないでしょう。

わたしたちがこれから自活しようとすれば、いきなり経営者にはなれませんから就職という道を選択します。
中卒学歴は就職へのアクセスを極端に悪くします。

現在、何もしていない状態の人は、高卒資格取得をひとつの目標にすることを薦めます。
正規社員として働いている場合であっても、働きながら高卒資格をとることを薦めます。
高卒資格は就職を約束するものではありませんが、社会へのアクセスを改善します。

高校中退 閉ざされる進学へのアクセス
高卒資格 再チャレンジのハードル

関連コンテンツ

高校中退の現状

■高校中退者数の現状 高校中退後の目標はありますか? 目標に向かって、第一歩を踏み出しましたか? なにもしない状態であれば、はやくその状態から抜け出したほうがよさそうです。 高・・・

高校中退者の本音

■高校中退後の本音 高校中退したまま次のアクションを起こさない状態は「無業者」という枠でひとくくりにされます。 無業者であっても、将来を心配して色々な忠告や意見をいってくれるのは家族を中心とす・・・

高校中退 閉ざされる進学へのアクセス

■高校中退と進学 日本の学校教育法は、大学や短大、専門学校へ進学する場合は、受験資格に高校を卒業していること、あるいは高卒認定資格者であることを決めています。 高校卒業せずに飛び級という例外もあ・・・