高校中退 その後の選択のTOPに戻る


高校中退者の本音

高校中退後の本音
高校中退したまま次のアクションを起こさない状態は「無業者」という枠でひとくくりにされます。
無業者であっても、将来を心配して色々な忠告や意見をいってくれるのは家族を中心とするごく小数の人しかいなくなります。

内閣府が昨年、平成16年に高校を中退した人たちを対象に追跡調査を行いました。 現在、20代前半の人たちです。

10年以上もの間、国は高校中退した人たちの調査をやってこなかったのです。
毎年7万人もの人が中退していくにも関わらず、学生でもない、職業人でもない無業者に対しては、国は関心がないのです。
社会との接点を絶たれた若者たちの増加が、日本の将来を暗雲たるものにする恐れがあるにも関わらずです。

この調査は、量的に不十分であると思いますが、示唆する点が見えてきます。

以下は一部抜粋です。複数回答もありますので、合計は100%になりません。

高校中退後の5年間の経験
1.パートやアルバイトをしていた 73%
2.学校に通っていた 42.3%
3.派遣社員・契約社員をしていた 28.6%
4.正社員として会社で働いていた 26.2%
5.家業を手伝っていた 22%
6.学校以外の場で勉強していた 9.5%
7.自営で働いていた 3.6%
8.何もしていなかった 7.1%

高校中退後、どのような施設や機関を利用しましたか?
1.ハローワークやジョブカフェ 48.2%
2.病院・診療所 23.8%
3.保健所・保健センター 3.6%
4.教育相談機関 2.4%
5.フリースクールなどの民間施設 1.2%
6.児童相談所・福祉事務所 0.6%
7.上記以外の民間のカウンセラー 2.4%

現時点で何をしていますか?
1.仕事をしている 47.6%
2.学校に行っている 17.3%
3.仕事をしながら学校に行っている 8.3%
4.仕事をしながら、学校以外の場で勉強している 4.8%
5.仕事についておらず、学校にもいってない 20.8%

高校中退してよかったか
1.やめてよかった 36.9%
2.まあ、やめてよかった 20.8%
3.まあ、やめなければよかった 22%
4.やめなければよかった 19%

高校中退 閉ざされる就職へのアクセス

高校中退 閉ざされる進学へのアクセス

高卒資格 再チャレンジのハードル


関連コンテンツ

高校中退の現状

■高校中退者数の現状 高校中退後の目標はありますか? 目標に向かって、第一歩を踏み出しましたか? なにもしない状態であれば、はやくその状態から抜け出したほうがよさそうです。 ・・・

高校中退 閉ざされる就職へのアクセス

■高校中退と就職 仕事を見つけてから中退した人は、中退後の動きはスムースですね。 若いうちからひとつの仕事に打ち込むとその道のプロフェッショナルになる可能性が高まります。 こうした・・・

高校中退 閉ざされる進学へのアクセス

■高校中退と進学 日本の学校教育法は、大学や短大、専門学校へ進学する場合は、受験資格に高校を卒業していること、あるいは高卒認定資格者であることを決めています。 高校卒業せずに飛び級という・・・