高卒認定 合格率と難易度



合格点と合格率
高認試験の合格点は公表されていませんが、1科目40点〜50点ほどが合格ラインといわれています。
大検から高卒認定に制度移行した17年からの合格率は、35%〜40%程度で推移しています。平成27年度は、最も高い合格率となりました。

 平成19年度 38.4% 平成20年度 37.1% 平成21年度 35.7%
 平成22年度 40.2% 平成23年度 36.5% 平成24年度 34.0%
 平成25年度 34.7% 平成26年度 38.6% 平成27年度 41.0%

受験者は高校中退者が6割〜7割を占め、合格者に占める高校中退者の割合も6割〜7割となっています。
平成24年度第1回試験は61.4%の合格者が高校中退者でした。
合格者の平均年齢は21.5歳です。(平成22年〜24年)

高認 難易度
合格率からみる難易度はけっこう高いものがありますが、高卒認定は一度に全科目合格しなければならない試験ではありません。
合格した科目は次年度以降試験免除になりますので、数年かけて全科目合格に導くことが可能です。

また、全科目の合格率は35%〜40%と厳しいものがありますが、平成21年度の1科目以上合格した人の割合は90%、平成23年度86.7%と非常に高いものとなっています。
平成27年度は90.3%でした。
このことは、全科目を一度に合格することに固執しなければ、高認試験は合格できる国家試験であるといえますね。
あきらめないで継続して挑戦することがポイントです。

高認の免除制度
合格した科目が次年度以降試験免除になるだけでなく、中退した高校で単位を修得した科目が高認試験科目に該当している場合は、その科目も試験免除になります。

さらに、英検準2級を取得している場合は、英語科目が試験免除になります。
通信制高校に入学している場合は、通信で修得した科目も試験免除になります。
以上の免除制度を活用することにより、合格の確立をさらに高めることができます。


高認目指すなら資料請求で比較
<プライバシーポリシー>
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のためにだけ、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。ホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします
お問い合せは、
cyuutaigo@@yahoo.co.jp
までお願いします。
*@マークは一つ外して下さいね。

カテゴリのトップへ
トップページへ
Copyright(c)capricorn all rights reserved